アートメイクはおすすめ

1年から2年に一度の周期でリタッチ

1年から2年に一度の周期でリタッチ : 両方の眉毛を施術 : メイクをする時間を短縮

アートメイクは一般的にタトゥーのようなイメージがあるかと思いますが、表皮下0.01mmから0.03mmの皮膚の浅い層に色素を入れていく手法です。
タトゥーがもう少し深いところに色素を入れるため永久的に持続するのに対して、完全に消えることはないものの色素が抜けていき徐々に薄くなります。
一度色を入れると洗顔や運動をして汗をかいても取れる心配がなく、きれいな状態を保つことができます。
年々種類が増えてきており、眉毛・アイライン・リップだけでなく髪の毛の生え際に入れて髪の量を多く見せたり医療目的で利用することもあります。
私がアートメイクをした理由は、化粧が苦手で時間がかかっていたためメイクにかかる時間を短縮したかったからです。
また、時間が経つとメイクがよれて汚く見えるのが気になっていてずっときれいな状態を保つことができるアートメイクに興味を持ちました。
私は眉毛とアイラインのアートメイクをしており、1回目の施術から2回目は1ヶ月から3ヶ月程度間隔を空けて施術しました。
私は2回で色が定着しましたが人によっては3回以上しないとしっかりと定着しないことがあり、実際にやってみないとわからないことが難点として挙げられます。
しかし、大体の人は2回から3回ほどで定着するのでその後は1年から2年に一度の周期でリタッチに行きます。

アートメイク : アートメイクギャラリー